ブッチャー速報

2ちゃんねるで話題になっているニュースをまとめてるよ

カテゴリ: 激ウマ

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/8yNWZL0.jpg
週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(こち亀)で、主人公の両津勘吉がやっていた、美味しくコロッケを食べる方法をご存じだろうか? 東京の下町で親しまれている食べ方らしく、実際にやればわかるが、どんな高級料理にも勝る絶品グルメとなる。

・コロッケが浸かるほどたっぷりソース!
やり方は簡単。コロッケを買ってきて平皿に乗せ、箸で潰していく。コロッケが1.5倍ほどに広がったら、そこにソースをたっぷりと注ぐ。コロッケが浸かるほどたっぷりソースをかけるのが美味しくするコツ。「ちょっとソースが多すぎるかな?」と思えるぐらいがちょうど良い。

・コロッケひとつでご飯を2杯
あとは箸でコロッケを少量だけつまみ、ご飯と一緒に食べる。すると不思議、コロッケひとつでご飯を2杯は食べられる。いや、3〜4杯も食べられるほど絶品のおかずに変身! 実際に食べてみたが、鋭いソースの味とじゃがいもの旨味がたまらなく美味。ヤミツキになる美味しさだった。

・濃くてしょっぱいソースがマッチ
コロッケはじゃがいもだけのものか、じゃいがいもと牛肉が混ざっているものがベスト。ソースはとんかつソースを強く推奨したい。甘いソースは合わないので、濃くてしょっぱいソースがマッチする。皆さんも「こち亀の両さん式コロッケの食べ方」を試してみてはいかが?

http://buzz-plus.com/article/2017/09/19/croquette-kochikame/
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/croquette-kochikame2.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/croquette-kochikame.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/croquette-kochikame9.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/croquette-kochikame8.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/croquette-kochikame7.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/croquette-kochikame5.jpg
https://youtu.be/o6IiME6fgyA

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/fISbDWJ.jpg
牛丼チェーンとして知られている松屋が、店舗限定でビーフカレー(590円)を販売し、大絶賛されている。インターネット上に書かれている消費者の感想を読むと、そのほとんどが絶賛の声。近年まれにみる完成度の高いメニューのようだ。

・トロトロの牛肉を大量に投入
以前から松屋はカレーライスを提供していたが、今回のビーフカレーは別物でベースにとろける牛肉を使用。実際に注文して食べればわかるが、トロトロの牛肉が大量に盛られており、食べれば噛まずとも牛肉がとろけだす。

あまりにも美味しすぎるため、カレー専門店のビーフカレーよりも美味しいとの声も出ているほど。以下は、インターネット上に書かれた消費者のコメントである。

・インターネット上の声
「松屋のビーフカレーを買って今日もうまい!」
「牛肉の脂の甘みが加わっている感じで大変良い」
「松屋のビーフカレーのうまさに驚愕している。口の中で肉が溶けるという感覚を初めて味わった」
「松屋のカレー美味しすぎる ビーフカレーの牛肉なんでこんなに柔らかいの!!!!! 神すぎる」
「松屋のビーフカレー有能」
「松屋の店舗限定ビーフカレー美味しかった。 CoCo壱の牛カレーより満足度高いかも」
「松屋のビーフカレーうまい。 定番メニューでないのが残念」
「ビーフカレー肉がゴロゴロ入ってて思わずミシュランに電話しました」
「松屋のビーフカレーやりすぎだよ おいしすぎるよ」
「松屋のビーフカレーは一回食べたほうがいい」
「重ね重ね 松屋のカレーは 侮れぬ」

・食べてみる価値はある
このビーフカレーは関東圏内の一部の松屋だけで提供している。もし近くの松屋でビーフカレーが提供されていたら、試しに食べてみる価値はある。

ちなみに、ビーフカレーのカレ牛は存在しない。ビーフカレーのカレ牛を食べたい人は、単品の牛皿を一緒に注文してビーフカレ牛にするといいだろう。

http://buzz-plus.com/article/2017/09/12/beef-curry-matsuya/
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/beef-curry-matsuya2.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/beef-curry-matsuya1.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/09/beef-curry-matsuya3.jpg
https://youtu.be/BJfscQ0IaAA

続きを読む

1 : サッカーボールキック(庭)@\(^o^)/ [US]:2017/04/20(木) 19:17:18.09 ID:YbxXgsuf0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/WVEUGV1.jpg
特に絶品だと評判なのが、朝定食の辛子明太子定食(390円)だ。

その内容は、辛子明太子に焼海苔、味噌汁、漬物、ご飯だけという、あまりにもシンプルな構成となっている。

しかし、この辛子明太子定食は意外にも吉野家マニアからの評価が高いのだ。

・明太子だけで勝負できる自信
週に10回は吉野家で食事をしているという吉野家マニアの松家太郎さん(43歳 / トラック運転手)は、辛子明太子定食について賛辞の言葉を並べた。グルメ評論家の空条海苔助先生のコメントもあわせて紹介する。

・吉野家マニアの松家さんのコメント
「パッと見た感じは寂しさがありますが、裏を返せば辛子明太子1本で定食を成り立たせることができるという自信の現れだと言えるでしょう。

実際に食べてみると、とにかく味にパンチが効いていてご飯が進むし、明太子が新鮮なのもよくわかります。初めて食べたときは、ウマすぎて笑っちゃいました」

・グルメ評論家 空条海苔助先生のコメント
「コスパ的に辛子明太子の質があまりにも良すぎるのはもちろんのこと、吉野家のご飯は極めて美味しいので、辛子明太子との組み合わせは究極ともいえるベストカップルなんですよ。

ご飯の水分量が絶妙で、若干硬め。汁やオカズの媒介役として凄まじいポテンシャルを秘めているのです」

http://buzz-plus.com/article/2017/04/20/yoshinoya-mentaiko/
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/04/01-10.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/04/02-9.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/04/03-7.jpg

続きを読む

↑このページのトップヘ