ブッチャー速報

2ちゃんねるで話題になっているニュースをまとめてるよ

カテゴリ: 芸能・TV

1 ::NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MdMlOhY.jpg
 8月8日の午後9時過ぎ。東京・汐留にある日本テレビの前で「ドスン」という鈍い音が響き、周囲から悲鳴が上がった。ほどなくして救急車と消防車、複数台のパトカーが駆けつけた。近くの飲食店スタッフが話す。

「日テレの目の前のビルから、若い女性が飛び降りたと聞きました。辺りには大量の血が飛び散っていたそうで、警察官に“モップを貸してほしい”と言われましたが、店になかったので、断わってしまいました」

 女性は日テレの子会社Aで働く30歳前後の契約社員だった。Aの社員が話す。

「彼女はお笑い番組や歌番組の特番の制作スタッフでした。主にアシスタントプロデューサーを務め、仕事ができると評判も良かった。彼女が飛び降りたのは、日テレに隣接するAが入居するビルでした。数日前には、上司に仕事の悩みを打ち明けるメールを送っていたという話もあるようです」

 彼女が飛び降りた直後、会社の前にパトカーや救急車が集まったことで、日テレの番組クルーがカメラを担いで飛び出したという。

「情報番組や報道番組の複数のスタッフが現場に行ったところ、日テレの幹部が慌てて“取材はしなくていい”と止めたそうです」(日テレ関係者)

“身内”の出来事だから報じないということかもしれないが、この日テレ関係者は「別の事情」もあったのではないかと推測する。

「彼女は8月26日から放送の『24時間テレビ』にも関わっていたそうなんです。日テレの看板番組だけに、関係会社を挙げて様々なプロジェクトに取り組んでいますが、数か月前から準備をしているものも多く、8月に入ると追い込みのため、現場の緊張感は相当なものになります。

 そんな中、“関係したスタッフが飛び降りた”となれば大きな影響が出かねない。飛び降りた理由や容態など、詳細を知る人は社内でもごく少数のようです」

 Aに事実関係を問い合わせると、「その件については日本テレビが窓口になります」とのこと。日テレはこう答えた。

「ご指摘の方につきましては命に別状はないと聞いております。個人のプライバシーに関わることですので詳細について、お答えすることは控えさせていただきます」(広報部)

 彼女が『24時間テレビ』のスタッフかどうかについても聞いたが、「答えられない」とのことだった。彼女を知る別の日テレ局員が明かす。

「彼女は『24時間テレビ』の正式なスタッフではありませんでしたが、この番組は関係会社なども巻き込む大プロジェクトですので、まったく無関係とも言えません。飛び降りた理由は定かではありませんが、もし仕事で悩みを抱えていたのであれば、もっと周囲に相談してほしかった」

 今年の『24時間テレビ』のメインテーマは「告白〜勇気を出して伝えよう〜」。女性スタッフの職場には悩みを告白できる環境がなかったのだろうか。

8/18(金) 7:00配信 NEWS ポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00000003-pseven-ent&p=1

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/mH0gkdG.jpg
"遊泳エリア外" 海水浴の29歳男性死亡 「2.3回注意されてた」 北海道余市町

8月13日午後、北海道余市町の海水浴場で、友人と海水浴に来ていた29歳の男性が死亡しました。

男性は札幌市の会社員、荻山昌希さん(29)で、余市町内の病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

目撃した人たち:「ピンクの浮いているやつより奥で泳いでいた。放送で2.3回注意されていた」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000003-hokkaibunv-hok

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/26iGf26.jpg
TENNさんの弟・義宏さん(仮名)は1枚の写真を取り出した。写っていたのは、TENNさんから上原へ宛てた遺書だった。
几帳面な字体で、感謝の言葉と、先立つことへの謝罪の言葉が並ぶ。義宏さんは「このままずっと話さへんつもりでした」と
語ったが、家族の悲しみが癒えることがなく、「これ以上、家族だけでは抱えきれないんです」と心境を述べ、
遺書公開に踏み切った。だが、さらに読み進めると、目を疑う内容が綴られていた。

《多香子へ/ありがとう そして さようなら
/子供が出来ない体でごめんね
/本当に本当にごめんなさい。
/幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから/許してください。
/僕の分まで幸せになってください。
/きっと阿部力となら乗りこえられると思います。
/次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。
/嘘はついたらあかんよ。(後略)》

 上原と俳優・阿部力(35才)が交際していたことが、TENNさんの遺書に書かれていたのだ。この“不倫”が発覚した裏には、
2人のLINEのやり取りがあったようだ。2014年10月22日、最初の月命日を前にして、上原と両親はTENNさんの遺骨を分骨。
その際、上原は、TENNさんの母・和子さん(仮名)にTENNさんのスマホを渡した。

「月命日当日、両親と多香子さんの3人で兄の好物だったすき焼きを食べに行ったそうです。
その翌日、“思い出の写真も入ってるやろう”と、母が兄のスマホを覗いたんです。そこには、
多香子さんとある男性とのLINEのやりとりやふたりの写真などが保存されていました。
多香子さんのスマホを見てしまった兄が、その画面を撮影したようでした」(義宏さん)

(つづく)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170810-00000005-pseven-ent

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MziqGbP.jpg
2015年、高知県南国市で自殺した当時中学3年生の男子生徒の遺族が文部科学省を訪れ、「いじめだけが
自殺の原因でない」という市の調査結果に納得できないとして市の調査委員会を解散し、再調査を申し入れた。

 この問題は2015年、南国市で当時中学3年生だった川村嘉寛さんが自殺したもので、南国市教育委員会は
「いじめはあったものの本人の性格や成績の低下などいじめだけが自殺の原因でない」とする調査結果をまとめた。

 遺族は4日、文部科学省を訪れ、市の調査結果に納得できないとして市の調査委員会を解散し、再調査を申し入れた。
遺族によると、嘉寛さんは同級生らから跳び蹴りされたり、「殺すぞ」と言われるなどのいじめを受けていたという。

 これに対し南国市教育委員会は、「遺族ともう一度話をして、今後の対応を検討したい」としている。

http://www.news24.jp/articles/2017/08/04/07368931.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [ニダ]:NG NG.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/8PlyGyR.jpg

「ガラケー」の二の舞いに?次世代車の主流はEV、HVに注力する日本メーカー「おかしい」と中国メディア

2017年7月28日、日本の自動車メーカーが力を入れるハイブリッド車(HV)について、中国メディアが「おかしい」と
指摘している。次世代車の主流は中国や欧米では電気自動車(EV)になるとの見方で、「スマートフォンなど
電子製品分野における過去の失敗をかがみにするべき」とも“忠告”している。

中国メディアが伝えた国際エネルギー機関(IEA)の調査結果によると、EVとプラグインハイブリッド車(PHV)の
累計販売数で、中国は16年に65万台となり、米国の56万台を超え1位となった。中国が短期間で「EV大国」になった
背景には、政府の強力な支援があり、消費者には減税、企業には補助金のメリットが与えられる。大気汚染に苦しむ
大都市では自動車のナンバープレート取得に制限があるが、EVなら優先的に取得できる。

中国政府は2018年にも始める新規制でEVなどエコカーの一定割合の販売を義務付ける、ガソリンも使うHVは対象外。
米国のカリフォルニア州は17年秋から「ゼロ排出基準」の規制強化に踏み切る予定で、HVはこれに抵触する。
フランスは40年までにガソリン車やディーゼル車の販売を禁じる計画だ。英国も同様の措置を打ち出した。

これに対し、日本メーカーは1997年に世界初の量産型HV・プリウスを製造・発売したトヨタをはじめ、
エコカーとしてHVに重点を置いている。日本国内でプリウスの販売は好調で、日本自動車販売連合会がまとめた
今年1〜6月の累計新車販売台数でトップを占め、同じくHVのトヨタ・アクアが4位につけている。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170730/Recordchina_20170730006.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [CN]:NG NG.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zSERbc5.jpg
高市早苗総務相は28日の閣議後の記者会見で、テレビ番組のインターネット常時同時配信を計画するNHKの上田良一会長に宛て、
「放送の補完的な位置づけとすること」などを要望した文書を送ったと明らかにした。ネット配信を「本来業務」として扱おうとする動きを牽制(けんせい)した形だ。

 高市氏は、上田会長の諮問機関が出した受信料に関する答申案について「(視聴者に)利益を還元するという観点がない」などと批判。
総務省はNHKへの不信感を強めており、NHKが目指す平成31年からのネット常時同時配信は不透明さを増している。

 要望は、(1)ネット配信を補完的な位置づけとし、具体的なニーズを明確化
(2)既存の業務全体について公共放送として適当か検討
(3)子会社のあり方についての抜本的な改革−の3点。
高市氏は「3要件を満たすことで、議論の環境が整う」と述べた。

 NHK幹部は今月の総務省での会合で、「(ネット配信は)将来的には本来業務」と発言。
民放各社が猛反発したため、上田会長は産経新聞などとのインタビューで「あくまで幹は放送だ」と述べるなど“火消し”に動いていた。

 一方、上田会長の諮問機関はネット視聴者からの受信料徴収が適当としたが、3要件を満たせなければ、常時同時配信実現への道筋がさらに険しくなるのは必至。
高市氏は、ネット常時同時配信を可能にする放送法改正について、「現段階では議論が煮詰まっていない」と強調した。

NHKに高市早苗総務相がクギ「ネットは補完業務」
http://www.sankei.com/politics/news/170728/plt1707280050-n1.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(愛媛県)@\(^o^)/ [EU]:NG NG.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Cv0TvAM.jpg
ブラジル司会者が韓国アイドルに差別発言、両国ネット舌戦

 ブラジルのテレビ番組に出演した韓国のアイドルグループに対し、ブラジルの有名司会者が人種差別的な発言を繰り返し、この動画がインターネットで拡散して両国のネットユーザーが火花を散らしている。

 英国BBCは23日(現地時間)、短文投稿サイト「ツイッター」に最近、韓国人を批判する「#doyouwantkorea」というハッシュタグを付けたツイートが40万件以上書き込まれていると報じた。
主にブラジル国籍のユーザーが、韓国人を「人種差別的」だとして非難する内容を投稿しているという。

 ブラジルと韓国のネットユーザーによる「舌戦」は、15日に放送されたブラジルのテレビ番組が発端だった。
ブラジルの人気番組の司会者ハウル・ジル氏が、ゲストとして出演した韓国の男女4人組アイドル「KARD」に対し、人種差別的な発言を繰り返したのだ。

 ジル氏は両目の目尻を指で上につり上げ「(彼らと)結婚したら目が細くなるぞ」と言った。目尻を引っ張るジェスチャーは東洋人の目の形を卑下する典型的な人種差別だ。

 この動画はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて急速に拡散し、韓国のネットユーザーからは司会者とブラジルを批判するコメントが相次いだ。
一部ネットユーザーがブラジルを「後進国」「貧しい国」と攻撃し、この発言もネットで広まったため、今度はブラジルのネットユーザーが激怒した。

 「#doyouwantkorea」のハッシュタグを拡散したブラジル人女性は、BBCとのインタビューで「彼らが偏見を広めることを望んだので、私たちもこのようなやり方で報復することにした」と話した。
また「こんなに大きな騒ぎになるとは思わなかった。だがブラジルのインターネット利用とK−POPコミュニティーは非常に活発だ」とも説明した。

 BBCによると、ブラジルのネットユーザーは以前にもポルトガルのネットユーザーと対立したことがあるという。
BBCのブラジル・オンライン編集長は「問題は、人種差別的発言に対応する時でさえ、多くののブラジル人が我を失って攻撃的かつ人種差別的な態度になることだ」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/25/2017072503371.html

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [CN]:NG NG.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/NjAKqvu.jpg
ゲス不倫騒動から1年半以上たったが、かつてのような活躍とはいかないベッキー。
現在のレギュラー番組は、北海道文化放送『北海道からはじ○TV』とBSスカパー!『FULL CHORUS 〜音楽は、フルコーラス〜』の2本のみ。
そんな中、『FULL CHORUS』が開催する日本武道館でのイベントのチケット売れ行きが芳しくないという。

 このイベントは、7月28日に日本武道館で行われる『スカパー!サマーフェス2017 Powered by FULL CHORUS』。
昼夜の2公演で、昼公演の「アイドルだらけの夏祭り」にはアンジュルム、AKB48 Team8、NGT48、こぶしファクトリー、チームしゃちほこ、フェアリーズ、ふわふわが出演。
夜公演の「“うた”“踊る”夏の陣」には、w-inds.、lol、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、Thinking Dogs、田口淳之介、UNIONEが出演する。
MCは、2公演ともベッキーとハマ・オカモトが務める。

「イベント開催の1週間前の段階で、昼公演のチケットの売れ行きは7割ほど。
夜公演に至っては、2階スタンド席の前から2列目が売られている状態です。
どれくらい座席数を設定しているかわかりませんが、半分も売れていないのでは?
 武道館が、完全にスカスカになってしまいます」(音楽業界関係者)

 このイベントは今年で2回目。昨年も、ベッキーとハマ・オカモトがMCを務めた。

「昨年もまったく売れず、客席はかなり寂しい感じでした。
多数の関係者を無料で招待していたので、どうにか体裁を保っていましたが、収支的には大赤字だったと思います。
絶対に2回目はないと誰もが思っていたので、まさか今年もやるとは……。
チケットの売れ行きは、案の定といった感じです」(同)

ベッキー出演の日本武道館でのスカパー!イベントのチケットが売れず 昨年も大赤字か
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-100053/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(愛媛県)@\(^o^)/ [EU]:NG NG.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/NS3RNCa.jpg
AIに聞いてみた
どうすんのよ!?ニッポン


安藤道人@dojin_tw

この番組は、たぶん私のところにも二度ほど製作者サイドの人たちが来て、社会保障や因果推論や機械学習について説明した(番組名について連絡もらってないので、たぶん)。
「これだと炎上覚悟すべき」とアドバイスしたが予想通り炎上案件になりそう。私は見ないと思うのでTLの感想を楽しみにする。
22:18 - 2017年7月18日

ちなみに番組説明にある「AIが打ち出したのは、空気を全く読まず、しがらみのない奇抜な提言だった!」は”AI”ではなく製作者側の意図である。
なぜなら二度目に研究室に来訪されたときにそれを狙ってると明言してたので。で、その時点での分析とアイデアを幾つか聞き「炎上必須だと思う」と伝えた
22:29 - 2017年7月18日

人間の意図を「AIが打ち出した」と売るのであれば、それはよろしくない。一方で、炎上(あくまで予定)も含めて、
メディアで多少いい加減にやってみたらどんなものになるのかというのは知りたいので、TLの感想を楽しみにしている。
22:38 - 2017年7月18日

放送前からすでに炎上?していたのか>NHKさん、ビッグデータかAIかよくわからない視覚化した統計情報のようなもので、
相関性が不安になる内容を特番で放送予定 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1130945 @togetter_jpさんから
1:15 - 2017年7月19日

仕方ないので9時からちょっとみてるのだが、いまのところ予想どおりのひどさである。正直見るに堪えない。この番組にいかなる社会的意義があるのだろうか。
AIならぬ制作側の「奇抜」なシナリオをゴリ押ししているだけではないか。柴田さんは大人の対応で頑張ってフォローされていたが...
21:27 - 2017年7月22日

見る前はもう少し寛容な気持ちだったが、見ると寛容な気持ちにはなれない。「なんちゃってAI分析」に基づく強引なシナリオ・番組構成をする前に、
取材すべき現実、聞くべき当事者・専門家、読むべき本・資料が多くあり、そうしているだろうNHKの番組も多くある。内部できちんと検証して頂きたい。
21:51 - 2017年7月22日

(続く)
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170722

続きを読む

1 :(庭)@\(^o^)/ [ID]:2017/07/17(月) 05:40:03.83 ●

https://i1.wp.com/i.imgur.com/QJkOTfz.jpg
池上彰がテレビ局の「忖度」の裏に安倍政権の圧力があることを明言!「テレビ局には連日、抗議と“電凸“が」

 池上氏も「朝日ジャーナル」の対談で、この大量の抗議の流れに安倍政権の影響があることを示唆している。

 「第1次安倍政権(06〜07年)の時に、メディアへの抗議が増えたんです。ところが、安倍さんが辞めた後にパタリとなくなりました。福田政権、麻生政権、
民主党政権の時は抗議が大量にくるようなことはなかった。それが第2次安倍政権(12年〜)になって復活しました」

 さらに、注目すべきなのは、池上氏自身が直接的な圧力を体験したことも証言していることだ。

「私が特定秘密保護法についてテレビで批判的な解説をした時も、すぐに役所から『ご説明を』と資料を持ってやってきた。こういうことが日常的にあるわけです」

 ようするに、安倍政権はこうした抗議を繰り返すことで、メディアを揺さぶって、その自立性を奪い取り、いちいち命じなくとも勝手に「自主規制」「忖度」してくれる状況をつくりだしてしまったのだ。

 そう考えると、私たちはいま、このメディア報道の問題で安易に「忖度」という言葉を使うべきではないのかもしれない。
「忖度」というマジックワードによってメディア側の"自己批判"に終始してしまえば、その根元はどこから来ているのか、という問題の本質を見失ってしまうからだ。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11729568/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [US]:2017/07/17(月) 09:55:30.13 ID:jo8fFv5M0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Q8hB4mw.jpg
総務省が東大大学院などと調べたテレビやネットの利用状況によると、2016年の平日1日あたりのテレビの視聴時間は、
前年比3・6%減の168・0分だった。ネット利用時間は同10・3%増の99・8分で、4年連続で増えた。年代が低いほどテレビの視聴が短く、
ネットが長い。10〜20代はネットがテレビを上回った。

ネット利用の内訳で最も長かったのは「メール」で、全世代平均で30・1分。ツイッターやフェイスブックなど
「ソーシャルメディア」は25・0分、「ブログやウェブサイト」は21・2分。10?20代ではソーシャルメディアが約60分で最長だった。

休日はテレビも健闘している。視聴時間は225・1分で前年より2・6%減ったが、比較可能な13年(225・4分)以降はほぼ変わらない。
ネットは3年連続増の120・7分。

13〜69歳の男女1500人に12年から年1回聞き、昨年の調査期間は11月26日〜12月2日。

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/ASK7G4FT8K7GULFA010.html
https://img.news.goo.ne.jp/picture/asahi/m_ASK7G4FT8K7GULFA010.jpg

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [US]:2017/07/09(日) 12:13:20.45 ID:UO5uw4VT0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/LHGzj5D.jpg
2016年10月18日に放送した『マツコの知らない世界(TBS系)』にて特集された「号外の世界」で、
ゲストの小林宗之さんから借りていた貴重な資料の一部を番組側の不注意で紛失していたことが分かった。

無くなった資料は8点で、TBS側が2016年12月5日に赤坂署に紛失届を提出済み。
しかし現在も資料は見つかっておらず貴重な資料は小林宗之さんの元に戻ってきていない。

TBS側は小林宗之さんと和解していると番組ページで告知しているが、引き続き紛失した号外資料を捜索するという。

http://gogotsu.com/archives/31074
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/07/001-31.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/07/002-23.jpg

未返還資料
1,明治17年8月30日付東京日日新聞葉書号外
「清佛要件の電報を特に御報申上候」
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/07/02-3.jpg
2,昭和16年12月8日付 名古屋新聞号外
「英米と戦闘状態」
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/07/03.jpg
3,昭和16年12月8日付 大阪毎日新聞号外
「ハワイ等奇襲奏功」
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/07/04.jpg
4,昭和16年12月8日付 大阪毎日新聞号外
「ハワイ等奇襲奏功」
ほか4点
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/07/05.jpg

続きを読む

↑このページのトップヘ